セレコックスの効果作用は?

セレコックスは日本では2007ご時世に創造承認された鎮痛消炎薬だ。100mg錠と200mg錠があります。

 

これまで大きく使われていたNSAIDsという鎮痛消炎薬は胃潰瘍や胃痛などのおなか困難の副作用があることが問題でしたが、セレコックスはこういう副作用が少ないことがうりだ。

 

セレコックスは、COX-2決定系阻害薬と呼ばれる総数の鎮痛消炎薬だ。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

NSAIDsは、COXというものを阻害して痛苦の原因となるプロスタグランジンやトロンボキサンA2を抑制し、鎮痛効果を上げていました。

 

ただし、COXには2種類あることが判明し、COXー1はおなかを保護したり腎使い道を維持して生体を続ける実施があり、COX-2は、炎症や痛苦に対するプロスタグランジンを産生して要ることが分かりました。

 

なので、COX-2だけを阻害したら、おなか困難の副作用は抑えられて、鎮痛や消炎はそのままの効果が維持できます。
これがCOX-2決定系阻害剤だ。

 

効果効用は、関節リウマチや狂い性関節症、腰痛、肩関節辺り炎、抜歯下や不具合後に適するとされています。

 

セレコックス,通販,副作用,効果

 

関節リウマチでは、一括100~200mgを一年中2回、朝晩食後に服用します。狂い性関節症や肩関節辺り炎では、一括100mgを一年中2回、朝晩食後に服用します。

 

抜歯下や小手術後は、初回は400mg、2回目以降は一括200mgを一年中2回、6タイミング上記開けて服用します。

 

頓服として取り扱う場合は、初回のみ400mg、必要に応じて以降は200mgを6タイミング上記開けて一年中2回まで、となっていますが、こういうキャパシティは基本的なもので、主治医の修得で身なりによって増減達することもあります。

 

セレコックスを服用する時に、心臓病のある輩や喘息のある輩、おなかの悪い人、肝臓や腎臓の疾患がある輩、アレルギーのある輩は注意が必要です。

 

また、薬の呑み合わせによっては効用が期待できなくなったり、効力がきつく出すぎることもあります。

 

血をかたまり難くする薬、低級呼出しなどフルバスタチンという総数のコレステロール低下薬、メジコンという咳除け、制酸剤などは要注意です。

 

セレコックスを服用する際は、ドクターの受診を通してこれらに該当しないか確かめて、ドクターの処方の元、キャパシティ・使い方を守って服用しましょう。

 

↓セレコックスの最安値通販はコチラ↓

セレコックス,通販,副作用,効果

 

セレコックスホームはここから